f

January 22, 2003

ゲルニカ。

 
              ゲルニカ / 改造への躍動

これずーっと前から知ってはいたんですけどなかなか聞く機会も
無く、というかレコード屋で見つけても買う気がいまいち
起こらなかったんすけどやっと聞きましたよ。

ゲルニカとしては1stアルバムでこれは細野晴臣プロデュース。
音はいかにもってな感じでアングラァなニューウェイヴっつうか
テクノ風味で昭和初期音楽の再現みたいなものでしょうか。
戸川純のハイトーンボイスと微妙な歌い方が曲調に合ってます。

なんつうか久々にモロなニッポンのニューウェイヴを
聞いたなーというか。楽しげです。

January 21, 2003

明日はどっちだ。


なんか週一回更新になっている日記ですが誰か読んでいる人いるのでしょうか。

今回は格闘技の話でも。
最近の格闘界はいろんなことが起こってますね。
ちょうど今日貴乃花が引退しちゃったのもありますし、
PRIDEの森下社長のまさかの自殺とか先日のW-1ではK-1のホースト
がプロレスルールでサップとやっちゃってコブラツイスト
やらいつのまに習得したの?みたいな技使ってたり
長州のWJに新日からどんどん選手が転がり込んだり
挙句のハテには剛竜馬スリで逮捕ですよ。
パイオニア戦志っつうか戦死ですよって誰もわかんねですかね。
ていうかホモビデオ5作も出ちゃってスリで逮捕ってな。
そら藤波のたっつぁんもノーコメントですね。

って剛はどうでもいいすね。話がそれました。
とにかく現在の格闘技&プロレス界のゴタゴタっぷりはなんか
いろんなことが渦巻いていそうで今年はいろいろ起こりそうですね。

そんな中で今週末はアメリカエンターテイメントプロレス団体・WWEが
2度目の来日をしますね。ヤフオクで定価割れってか4割引で
買ったチケットを握り締めてオレも観戦しに行ってきますが、
WWE信奉者では無いオレでもアメリカンプロレスの雰囲気を
体験できそうなカードが出てますしちょっと楽しみになってます。

最近、WWEと比べても景気のよさそうだったK-1、PRIDEの相次ぐトラブルや
新日ドーム、W-1の不入りっぷりを見るとどうも日本の総合・プロレス
には未来がねぇかなーと思えてきちまってます。
とはいえWWEみたいな戦略は日本の団体すべてをまとめないと
無理かなーという気がしますしね。
統一機構を作るとかなんとか、それをやろうってんですかねぇ、猪木は。
最近の猪木はどうなんかなって行動が目立つのでいまいちですけどねぇ。

とまぁとりとめもなく最近の個人的な格闘技&プロレス話を綴ってみました。

January 13, 2003

伝説のロックスター。

インフルエンザで4日ほど寝て過ごしてました。
マジ辛かったです、もーこれからは予防接種受けたくなりますホントに。


                   THE ROOSTERS / EARLY LIVE 1981

以前にも書いたと思いますが、ルースターズのビデオはいつ見ても感動しちまいます。
おそらく生まれてこのかた見たライブビデオの中で一番といっていいほど
スバラシイです。もーめちゃくちゃロック。
このビデオ当時のいわゆる全盛期の「大江慎也」はジョニーロットンと
同等なぐらいオレ的ロックスター(両者とも生で見たことないけど)でして、
もうなんというかギターのひきっぷりから動きからがなり声から最高なんです。

なぜオレが当時の、とか全盛期のと言うのかと言うと知ってる人は知ってるかと
思いますが途中で精神に異常をきたして明らかにヘンになってしまうんですよ。
目は宙を舞いタコのような踊りを踊り声はうわずり。。。
その当時の状況のビデオも見ましたが正直同一人物とは思えない変わり様で
痛々しくナゼ明らかに大江はおかしいのにメンバーは普通に演奏しファンは
盛り上がれるんだ?という摩訶不思議な空間に見えました。

その後はルースターズを脱退しソロ活動をし、病気が治らず音楽活動を止め故郷に
戻って休養中だそうで99年のロッキンオンで9年ぶりのインタビュー記事が組まれたそうですが
その記事によるともう音楽はやらないそうです。
今も精神薬を飲んでるみたいですし、辛い話ですがそれでもオレの中では
伝説のロックスター大江慎也はギターをがなり立ててる印象のままです。

あー10年早く生まれたかった。

January 7, 2003

おくればせながら


明けましておめでとうございます。

本年もなんだかわからんこのページをよろしくです。
というわけで久々に更新してみました。
去年の最後、12月28日に行ったツーリングのレポートです。
トップから飛べますでよければ、と。

   .