f

May 30, 2005

ディープvsブライアン

第61回東京優駿の動画(勝馬:ナリタブライアン)

ジョッキー南井いわく、一番芝のいい所を走った。
との事だったがこの大外ぶん回しには賛否両論だった。
しかしこの末脚、完全に2枚上。
このあと史上初の4歳(今でいう3歳)4冠という快挙を成し遂げた。

今日のディープインパクトとどっちが強い?
瞬発力なら当時のブライアンのほうが上な気がするが
同様なる非凡さを持っている事は間違いない。
ブライアンが無事であれば、世界も夢では無かったはずだ。
だからこそ、ディープには無事で行って欲しい。

今日初めてディープインパクトの競馬を観た。
スゲェスゲェと以前の競馬仲間からは聞いていた。
久々に競馬で胸が躍った。

こうなりゃ3冠は通過点。
グランプリ制覇で日本最強。そして世界へ。

願わくば、凱旋門賞まで無敗で。

佐山シューティング時代の壮絶な稽古映像を2chで発見。

果てしなくがいしゅつ。とか書いてあったけど
見たこと無かった。

これが暗く淀んだ思想を抱きプロレスに対抗する
ために立ち上げた初期修斗(シューティング)の虎の穴。
竹刀をブンブン振り回す鬼のようなオッサンこそ
シューティング創始者、初代タイガーこと佐山聡。

おっかねえ!無茶苦茶こええ!
こうする事により普段以上の力を出させる。という
佐山特有の飛びぬけた思考により導き出された訓練法らしいが。。

バーリトゥードJAPAN'95で中井が見せた、ゴルドーに
眼を潰されても
棄権せず決勝まで登りつめたド根性も
これで培われたモノだとしたら頷ける。

May 29, 2005

キラーチューン

今日は久々に騒いだ。
社内で最も近しい存在だった先輩の送別会だった。

居酒屋などの前置き抜きでカラオケ5時間耐久。
ハイテンションな若手が騒ぐ騒ぐ。
負けじと紛れて騒いだ。

最後に何気なく後輩がBOOMの「風になりたい」を入れた。
知ってるひとも知らないひともカラオケの一室で
一体になって踊りまくった。

何よりこれがキラーチューンだったことが衝撃だった。

すげぇ楽しかった。


ディープインパクト強すぎ。
圧倒的人気に答えた圧倒的な競馬。
無敗でのダービー制覇、そしてついに3冠に王手。
こんな馬見たことない。まさしく史上最強。
そろそろ見えて来たかな、悲願の凱旋門賞制覇。

昨日ハシャギ過ぎたせいで喉と体が痛い。
一日静養することになってしまい昼過ぎまでボンヤリ。
録っておいた誰ピカ岡本太郎特集を観る。
敏子さんはなぜに養女だったんだろう、という疑問が
今更解消された。意地でも結婚という形式だけは
取らなかったということだ。

  

午後からパンを焼くことに。
今回はおかずパンに挑戦。そして二種類。
・ウインナーパン
・ベーコンポテトパン(餃子風)

いままでで一番凝った形のパンのため
形は相変わらず微妙になってしまったが、
具がウマイので問題なく美味しい。
画像は魚焼き用の網でクールダウン中。

さて次回は何を作ろうか。

May 26, 2005

田名網SPIRAL

6月から個展があるらしいのでメモ代わりに書いておく。

画像はうちにあるフィギュア。
まとめて大人買いをしたのが自慢だ。

May 25, 2005

久々にCDを買った。

今月で今の仕事が終わりなのでやることがない。
別に辞めるわけではなく業界用語でいうところの
プロジェクトが終わりということだ。

金曜日に誰でもピカソで岡本太郎の特集をやるらしい。
タイミング的には敏子さんの追悼だろうか。
見れる地域のヒトは要チェックで。

最近またヒゲを伸ばしはじめた。
白髪が2本ほど混じっていて焦るがそのままにしている。

近所の中古CD屋でソウルフラワーボックスを購入。
ソウルフラワーユニオンの前身、ニューエストモデルと
メスカリンドライブの曲が山ほど入っている。

すげぇカッコイイ、最高。中川の声に憧れる。
カスレ怒鳴り声が好き。ミッシェル千葉とかもそうだ。
初めて聴いたがメスカリンもパワフルで良し。

廃盤なのにCD3枚+ブックレット付なのに3000円は安い。

May 24, 2005

スチャダラばちかぶりピストルズ

RAPの詞を作っている。
rilycって言わなきゃダメか。

作るのはたった8小節なんだがこれがなかなか難しい。
しかしちょっといい塩梅な韻が踏めるとちょっと楽しい。
歌とかを入れる前提のトラックを作るのも楽しいかも
と思う。時間があれば作りたい。無論MODで。

うちにあるラップモノで唯一まともなスチャダラを
引っ張り出して聴いてみる。
元々のトラックのテンポが速いためダラダラした
スチャダラでは全然参考にならない。

懐かしいCDがたくさん出てきたので、その中から
近くにあった「子供たちのCITY」を聴く。

ボーイズビー!シドビシャス!
とばちかぶり時代のトモロヲが歌っている。
この曲はかなり好きだがオレはロットンのほうが好きだ。

そして今はピストルズを聴いている。
そして楽しくなったのでビールを呑んでいる。

May 23, 2005

アニキの話。

3個上の兄がいる。
地元で小料理屋のような店をやるらしい。
これからは実家帰ったらタダ酒だ。

上京してしばらくアニキと同居していた事がある。
東京都北区十条駅近くの雑居ビル4F。
耄碌気味の内科のじいさんが大家さんだったため
あまり金にうるさくなく、家賃が安いため即入居した。

オレは予備校生、アニキは料理人。
時間帯があまり合わないため、当時は一緒に呑みに行ったり
した記憶がほとんど無い。というか皆無だった気がする。

同居が終わったのは2年後の春だった。
大学に受かったため、オレは都民では無くなった。
アニキはそのまま十条の街に残った。

その頃からたまに会うと酒を呑むようになった。
アニキは強い酒は呑まないが生ビールなら15杯以上呑む為
いつも安い居酒屋にしか行かない気がするが。

そんなアニキも上京10年目にしてついに地元に戻る。
地元に逃げるわけじゃねえ、自分を試すチャンスだから
やるんだ。と自分に念を押すように言っていた。
一大決心だったと思う。

うまくやって行って欲しいと切に願う。

May 22, 2005

週末日記

土曜:

腕時計をレストアに出す。
新宿さくらやウォッチ館で31500円。
見積もりつうかメーカー毎に固定になっていた。
クロノとか関係ねえのか。
オーバーホールと防水耐圧検査、電池交換、ベルト洗浄
そんで1年保証。高いか安いかイマイチわからん。

ヒマだというのでuzullaさんと東京タワーに行く。
新宿で待ち合わせという事で、uzullaさんは車で来て
くれたのだが車を新宿駅地下に止めていた。
新宿地下にナビ付の外車で気分は都会派。

東京タワービルがリニューアルオープンしていた。
小奇麗にしてるけど屋上は時間の止まった雰囲気。
展望台に登り東京タワージャンボ灰皿を買う。
カッコイイので飾ることにする。

日曜:

前日はうちの近所でuzullaさんと呑みそしてうちに宿泊。
さて車あるしどっか行こうぜということで
御殿場にあるプレミアムアウトレットに出発。

無駄にデカかった。
グァムで見た免税店のような雰囲気。
かなり多数のブランドが密集して賑わっていたが
全然欲しいものがない。
uzullaさんは車に常備するためにcolemanで寝袋を購入。
渋滞にハマるも耐えしのぎ箱根で蕎麦を喰い帰宅。

総括:

車とバイクは在り方自体が根本的に違うので代わりに
なるなんてことは絶対にない。

しかしながらやはり車はイイ。
ナビは便利だし雨降っても関係ないし、音楽大音量で
聴けるしバイクとは比較にならない利便性には毎度
感動することしかり。

車の素晴らしさを再認識した週末でした。

May 21, 2005

イベントとかナンバガとか

横浜レゲエ祭とWIRE05に行くことが決定。

会社の後輩の勢いに押される。
会費16500円納めてくださいねと。
まぁ会員二名なわけだが。高いな。

全然関係ないが久々にCDをあさってNUMBER GIRLを聴いている。

OMOIDE IN MY HEADのイントロが好き。
我起立唯我一人の向井の叫びとかもう最高だな。

May 19, 2005

一家に一台

たしか白と銀がある。
どうせなら青とか赤のほうが欲しい。

May 17, 2005

腕時計

12年程前にオヤジに貰ったタグホイヤー。

その頃からずっと付けている愛着のある時計。
貰ったときは新品でビカビカしていたコイツも
今やノーメンテで毎日フル活用なのですでにボロボロ。
次に電池が切れたらフルオーバーホールに出そう。
と思ってたらついにそのときがきた。

オーバーホールに出すとして、普通にメーカー修理か
街で評判の修理屋という手があるが、調べてみると
正規代理店じゃないと部品が手に入りづらいとか。
やはり。しかし高い。普通の国産時計なら余裕で買える。

部品交換が必要なのかよくわからないが、安全を買って
正規なほうで見積もりだけだしてみることにする。
外装掃除と防水耐圧試験も必要なのでウン万円ぐらいは
かかっちゃうのだろうが。

普通は5年毎に点検整備に出すらしい。
いつ壊れても不思議じゃない状況だろうし
それぐらいの出費は致し方ないのだろうが、懐が痛い。
しかし壊れたらもっと痛い。

死ぬまで使い倒そうと思ってるものなのでしょうがない。

May 15, 2005

休日はパンを焼く

今回はレーズンを入れてみた。

バターロール風の生地を作って丸パン。
タマゴを塗って焼いて完成。

こりゃ普通にウマイ。

三浦半島ドライビング

近いのに旅気分を味わえる三浦半島はいい。

uzullaさんの車で夜な夜なドライブへ。
車の中から観る桜木町関内の景色がやけに新鮮。
市民なのに旅気分。uzullaさんに至っては地元なのに。
そのまま暴走族見学のために本牧へ。
残念ながら雨のため誰もいない。
コンビニにmonkeyツーリングの集団がいたのみ。

ものたりん。なんかひとつでもいいから面白いことが
転がってないものかとひたすら突き進む。
横須賀に突入、これもまたあまり知らない市街地なので
妙に新鮮で楽しい。セーラースタイルの白人とか。

さらに三浦半島方面へ風車を観に行く。
これが異常に奇妙で気持ち悪く、そしてカッコイイ。
真っ暗な夜空にブンブン回っている巨大な風車が2基。
風が強いので勢いがよく、それがまたさらに恐いぐらいで
その異様さに感動して見入ってしまった。

三浦市内はやはりマグロ屋だらけだった。
喰いたかったが当然店は閉まっている。

次回はバイクで半島一周してみようかと思っている。

そしてマグロ尽くしを喰う。

May 11, 2005

KATANA

FTPをあさってたら出てきた画像を貼る。

 

当時オレが乗るならカタナしかねぇ!と考えた
キッカケはこの「ライブマシーン」というドマイナーな
漫画のこの場面だった。(ちなみに原作は狩撫麻礼)

カタナの出てくる漫画といえば、きっと、いやこれらも
マイナーなのかもしれないが「サムライダー」もしくは
「キリン」が有名なはず。

なんにしろKATANAは魅力のあるバイクだった。
当時は中免しかなかったので想定したのは400ccだったが
今なら本物のカタナSUZUKI GSX1100Sに乗れる。
乗れる!とは思っても、もはや感情は高ぶらない。

実車は確かにカッコいい。
取ってつけたような言い方をすれば、
魅力は「スマートかつ斬新なフォルム」だ。

しかし人間がまたがると極端にマヌケだな。
漫画のようには行かない。
そう感じたあたりからまるで興味がなくなった。

現行のバイクにもそういうモノが多い気がする。

May 10, 2005

とりあえず。

GW明けで非常にダルイ一日。
大阪神戸をプラプラしてたのももはや遠い過去だ。

指輪を昔の携帯で撮ったらちとまともに撮れた。
うちのNIKONデジカメもNOKIA携帯も接写がダメすぎる。
今回初めてまともな形のものを作ってみて
銀粘土ちょっと面白い気がしたのでこれからもやる気。
次回は天然石を埋め込んでやる。
まとめて焼成できる合成ではなくあえて天然がいい。

天然酵母が余ってもったいないので食パンを作ってみた。
作ったと言ってもホームベーカリーなので米を炊くようなものだが。
夜中にセットしてOKさて寝るぞと眠りについたところ
ドッタンバッタンでかい音が。
変質者がドアブッ叩いてるとか寝ぼけながら焦ったら
単にパン練りの音だった。

朝起きてコーヒー淹れて焼きたて天然酵母で
ちょっぴりアーバンな生活を描いていたがまるで
食欲無く切りながらミミだけ喰ってあと冷凍庫行き。
別にタイマーかける必要が無かった。

ふと思ったがドクロとか上下のある指輪をはめる時、
普通はどっち向きなのだろうか。

May 8, 2005

銀粘土

  

昨夜から勢いで作成しはじめたら止まらず
朝になってしまいました。

指輪の古典ということでスカルを作ってみました。
単にドクロなのもツマラナイので舌を付けてみました。

銀粘土って難しいですね。

画質の悪さは下手糞をごまかすためではありません。

うちは黄色い灯りしかないのでやたらに暗いのです。

さてメシ喰おう。

May 6, 2005

天然酵母パン

  

今回は天然酵母を使用してみた。
そしてチーズを入れてみた。

天然酵母を使うと発酵にえらい時間がかかるので
もう使いたくない気満々である。

またうっかり敷き詰めすぎてくっついて形がボロボロ。
湿気が足りず表面がかさついてしまった。

見た目は悪いが味はまずまず。

明日はツーリングの予定。

この雨は朝まで続くらしいが小雨決行という話なので
なんとなく微妙なところではある。

うちのダブサンは30年前のバイク。
状態も装備も年式相応だ。
だけど前輪は立派にダブルディスクが搭載されている。
しかし、そのディスクが問題。
古いディスクは穴が開いておらず、
雨が降るとズルズルで、ブレーキなんか無いに等しい
状態になるのだ。

しかも高速に乗らねばならん。
それでも小雨なら行くというのか。
というかW系のツーリングなので条件はみなほぼ同じだ。

大丈夫なのか?
最高齢は70超えとか言っていたが、そんなジイサンも
意気揚々と雨の中を走るのか?

無理だ!イヤ過ぎる!

もうすでに行く気ゼロ。

May 5, 2005

やっと頭痛がひいた

昨日呑みに出たらまた突如頭痛が発生。
頭が破裂するんではないかというほどの痛み。
家に帰りベッドに倒れこむ。

案の定夜中に起きてしまったので録画していたK-1を見る。
以前からKIDは同タイプとやったらマズイかもなーと
思ってたのだが。当たっちゃったね。
コヒルイマキはあんな勝ち方で偉そうこいてるのが
イラつく。マサトは相変わらず面白みのない闘い方。
今回は凡戦でほぼカット状態だったがブアカーオが好きだ。
ムエタイの無茶苦茶で変則的な蹴りに芸術性を感じる。
佐藤とかいう人は地味だね。顔面前蹴りとか凄いけど。

2ちゃんねるのニュース関連板にプロレス関係のスレが出てくる
となかなか面白い。
2ちゃんねるに書く人の中にはレベル高いなーと思う人が多い。

「プロレスを楽しめるのは何も知らない子供と、全てを知ってる大人だけだよ」

May 3, 2005

無事帰還

帰ってきました。

帰りのバスは三宮発。
大阪で乗り換えでした。すげぇ面倒くさい。
なんにつけても安いだけはある。
スタッフ少ないし、対応最悪だし。
意味がわからなくてキレてるヒト何人もみました。
オレもムカついたし、もう使わないですね。
夜行バス使うならもうちょっと金払ってもいいから
確実に大手(JRとか)使うほうがいいと思います。
もちろんショボイツアーバスじゃなくて豪華なほうね。
そんでも新幹線の半分ぐらいだし。

旅先で撮った画像をアップしてみました。
見たところ、大した画像は無いですね。
太陽の塔とヒトの大きさの差でスケールのデカさが
わかるでしょうか?ホント意味不明なぐらいデカイです。

やはり例のあの場所で撮りたかった。
昼間なのにあのオーラ、夜はどうなってんだろう。
実際に触れたら心が折れてしまった。
それだけが残念だ。

以下宿泊したホテルリスト。
安ホテル探しの参考に。

ビジネスホテル関西/梅田
危険地帯だけど駅は近い。
室内ボロいクサイ狭いですが風呂トイレ付で
喫煙OKでベッドはキレイなのでなんとか泊まれる。
冷蔵庫無し。しかし梅田だし値段相応か。

ル・ボテジュール・ナンバ/難波
西成断念ののち、速攻で当日予約したホテル。
ここは以前も泊まったことがある。
室内はこぎれい。無味無臭。
繁華街近いから便利。

神戸クアハウス/三宮
カプセルルーム、思ったより快適。ただし室内禁煙。
広い休憩所兼喫煙所兼洗面所あり。
温泉4種類ぐらいプラスサウナ付。
最上階レストランは23時まで営業していて便利。

May 2, 2005

最終日

本日21時発夜行バスに乗る。
もう今日はやることがないのでバスの時間まで
漫画喫茶にこもる。

昨日の続き日記。

昨日はカプセルホテルに泊まった。
最近は、なのかそこがそうだったのかわからないが
カプセルだからと侮れない。
カプセルルームという、ドアとちょっとしたスペース
の付いた部屋になっており、わりと快適。
外と中がブラインドみたいなやつ一枚という従来の
カプセルの不安さが無いからか。
そんで大浴場は温泉。3種類ほど入る。かなり清潔。
入浴後は最上階でK-1みながら神戸牛鍋+生ビール。
チープだけどなんとなく贅沢な気分。

朝10時に宿を出る。ドトールで一服。
旧居留地のほうへふらふらと歩く。
神戸つったら横浜みたいなもんだろ?
とたかをくくっていたのだが、
まさにまんま横浜みたいなものだった。

海洋博物館に入る。
震災10年目ということで資料などを置いていた。
ちなみにメリケンパーク内には震災後そのまま
残している部分もある。震災の威力をリアルに感じる。

ポートタワーを横目にモザイクへ。
特に特色ある店もなくそのまま素通り。
横浜でいえばレンガ倉庫みたいなもんだ。
そして神戸駅まで歩く。

梅田でも話しかけられたのだが、宝石売りの女性に
またも声をかけられる。東京でも横浜でも一度もないのに。
関係ないが「ありがとう(関西イントネーション)」
というのは「ありがとうございました」と同義なのか。
いきなりタメ口?とか毎回思ってしまった。

そんなこんなでもう打ち止め。
外で客が店員に怒鳴っている。
ドタドタ物音もする。意味わかんねぇ。

May 1, 2005

想像を超えていた

予定の地、宿泊断念
慌てて難波の宿へ
心が折れた
とにかく逃げたい
本気で思った

昨日の続き日記。

例のあの地帯は知らないひとが行くべきところではない。
慣れてしまえば大丈夫。
確かにそうなのかもしれないが、そんなことは
俺にはわからない。というか無理だった。
あの風景とあの人々。とにかく強烈だった。
ネタ満載だったはずが全く覚えていない。

難波の宿を昼前に出る。
プロレスまでちょっと時間があるので
前日の恐怖体験から連れ立っている友人Mと日本橋へ。

こじんまりとしたアキバという感じ。
たまたま見つけたメイド喫茶に入ってみる。
本気で「おかえりなさいませ」で出迎えられる。
痛い。そして禁煙。さらに痛い。
単にメイド服を着ている人が喫茶店やってるだけな感じで
別に面白みもない。サービスというとコーヒーの
ミルクとガムシロップを入れてストローでかきまわして
くれるところぐらい。これが萌えなのか。
ちなみに友人は要らないと言ったのでサービス無し。
値段に差をつければいいのにと思う。どうでもいいが。
アキバのと比べて見たい気がする。

hibiさんと大阪プロレスを見る。
会場であるデルフィンアリーナは下北タウンホール
みたいな感じ。結構客入りもよい。
大阪ならではなキャラが多く、
ちゃんとプロレスしていてなかなか面白かった。
本拠地のある団体は強いなーと。

hibiさんに神戸元町まで送ってもらう。
元町高架下を歩く。
これは中野ブロードウェイといった感じ。
中古ファミコンとおもちゃを扱う店が多い。
特に目についたものは無し。

今日は三宮に泊まる。
明日はどこへ行こうか。
そのために漫画喫茶で情報収集。
便利な時代になったもんだ。

   .