f

January 31, 2006

BASSBASSBASS

もっぱらベースベースベースです。
ヒマさえあれば触るようにしてます。
すげぇムズいですね。
手首が痛いですね。すげえ痛いですね。

画像は勢いで購入したマイベース。
フェンダージャパンの紅いプレベです。
USAピックアップ搭載とか書いてましたが
音なんか解らんので無名の安い弦を張ります。

シドもディーディーもプレベだからプレベです。
Punkはプレベという先入観のみでプレベです。
そんなんでいいのかわかりませんが。

つうわけで毎日ベースです。
指で弾ける人は変態だと思います。
ピックでがんばります。ピックでもムズイけど。
いざとなれば勢いです。

January 30, 2006

本日の出来事

靖国行ってきました。

ゼロ戦見ました。
まじまじと見ましたが、あまりにもショボくてちょっとビックリ。

まるでオレのバイクみたいでした。

January 22, 2006

憧れのシモキタ

下北沢で呑んできました。

とりあえずジャンプ亭行きました。
内装がガラっと変わっていました。
コギレイになってしまったため、残念ながら
昔のあのシモキタの貧乏人たち(失礼)が
こぞって呑みに来るような雰囲気が薄れてました。

そのあとはトラブルピーチ行きました。
こちらは相変わらず。
小汚いボロい階段便所テーブル内装。
針の飛びまくるロックミュージック。
オマケに壁をゴキブリが這う。これは無くていい。
しかしこれぞロックパブ!って感じがすげえ好きなんです。

そのあとは安い焼肉喰ったりカラオケしたり。
サンボマスターは何度歌ってみてもキーが高くて無理。

もはや毎度のことになりつつある呑んだあとの頭痛に
耐えつつも朝までカラダはもちました。
つうかUzullaさんにもらった眠気もブッ飛ぶ頭痛薬が
効きすぎて未だに目が冴えまくってます。

すんごい久々の下北沢だったわけですが、やっぱイイすねぇ。
引越したい願望が沸々と。

まあ今だけなんでしょうけどね。

January 20, 2006

ZIN-SAY!

個人的にちょっと楽しみなニュース。

ナゴム再生委員会が最近ナゴムの再発モノを出しているのですが、ようやく来ました、人生です。

以下タワレコHPより引用:
--------
石野卓球+ピエール瀧(当時は畳三郎)らによる“プレ電気グルーヴ”!ナゴム リイシューシリーズ第3弾!

世界中のフロアを揺らし続けるテクノ・マスター石野卓球を中心に、現在はタレント活動も絶好調のピエール瀧らが在籍した、伝説のギャグ・エレクトロ・ポップ・ユニット“人生”!!「オールナイトロング」や「世界あの店この店」などの代表曲をはじめとする、ナンセンス&変態感覚爆発の歌詞とポップなメロディーが絡み合った楽曲は、一度聴いたら口ずさんでしまうこと必至!卓球自らが曲間や流れにまでこだわり選曲を行ったという内容は、まさに「ベスト・オブ人生」!ナゴム・マニアはもとより、エレクトロ・ミュージック・ファンは必聴のアイテムです!
-------------

人生(zin-say!)は電気グルーヴの石野卓球とピエール瀧が電気結成以前に所属していた奇妙奇天烈でウンコでナイスなバンド。
(例:アタマに地球儀を縛り付けて街中を練り歩く、など)

過去にもベスト的CDなどをリリースしてましたが、見知らぬ誰かが選曲するわけでなく、ちゃんと石野卓球選曲によるベストってことなんで今作ったらどうなるんだろ?ってのも加味して、どうしたって変な方向に期待してしまいますね。
もちろんジャケは天久ですよね?いやー楽しみですよ。

テクノアーティスト・石野卓球よりも変態・石野卓球が好きなものでね。

January 17, 2006

END OF THE CENTURY

END OF THE CENTURYをみた。

RAMONESのドキュメンタリ映画。

アメリカでは人気無し。
でもイギリスでは爆発的な人気。
パンクムーブメントはラモンズ発。

のちのち名が知られていくバンドたちがみな感動し
そして「ヘタクソでもできる」とバンドを始めたという。

アホみたいにシンプルなロックンロール。
オレは大好きです。

January 9, 2006

浅草インディーズアリーナ

http://jns.ixla.jp/users/gotouippa356/myweb_013.htm
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/
20060108-00000021-spnavi-spo.html

すげぇ気になる!
くっそー、昨日のこけら落とし、知ってたら行ってたのに!

ショーレストラン「ファイト倶楽部」の内容がすごく知りたい。
誰か一緒に行ってみませんか?

January 3, 2006

年末格闘技感想

年末恒例となったPRIDEとDynamite!について感想を。

まずPRIDEから。

小川vs吉田。橋本追悼の意を込めた小川の入場。
以前から公表してのパフォーマンスだったらしいが
残念ながらテーマとずれてるなぁと。
橋本を忘れて欲しくないからという事なんだろうが
相手は吉田。そしてPRIDE。
橋本あんまし関係ないし、客全部がプロレスファンなわけでもないし
オレはグッときたけど、知らないひとは引くよなぁ。

試合はまぁ脚が折れた常々については、
TV観戦でも折れた音が聞こえたとか某コミュでも話題が
出てたけど、正直胡散臭いと思ってしまった。
真偽はどうであれ言い訳もいただけない。
勝とうが負けようが最初から考えてたかのような
試合後のマイクもどうだろう。
吉田も吉田でもう少しうまい返しは無かったものか。
どっちも自己中を通しすぎでなんだかチグハグ。
吉田も小川も強さ以前に空気を読む事にもう少しアタマ使えと思う。
ガチだろうがヤオだろうが興行なんだから客の雰囲気を掴む事は大事。

金子賢、やっぱりHIPHOPで出てきたね。
ツラガマエは立派な格闘家。
もう少し謙虚なら批判者も減っただろうに、
やっぱしカッコつけ第一なんだな。
試合は、ベネットは手加減し放題な感じだったかな。
それでも先に仕掛けた金子は思った以上に頑張ってたと思う。
負けたあとはなんか微妙な発言してるからもうやらないのかもだけど。
あと金子出場に批判ばっかりしてるやつらの書き込みを
某コミュで散々見たけど、最強がドウタラとかいう
PRIDEの看板を鵜呑みにしてるバカばっかりだね。

あとは五味。
強い、としか言いようが無い。
マッハがあんなに一方的にぶん殴られるとは思わなかった。
大晦日に判定、ダメだよKOじゃなきゃ。だね。有言実行は素晴らしい。

他はイマイチぱっと思いつかないからもういいや。
全体的に地味だった。

んでDynamaite!のほう。

TV的メインは山本KIDよりもボビーだったね。
曙はまず痩せる事とスタミナをつけて3ラウンド闘えるようにならないと。
思ってた以上に凡戦だったんじゃないかな。

山本KIDvs須藤元気。
止めるのが早かった、というのはオレも思ったし、
某ちゃんねるでも話題になってた。
Dynamite!は得てしてストップが早い。
以前、所ブレイクのキッカケとなったノゲイラ戦でのパウンド連打も
レフェリーは勢いでストップしていたように見えたし。
須藤は苦笑いで納得行ってなかったと思うけど
まぁ結果は結果なのでしょうがない。
山本はなんかスッキリしない勝ち方ばかりだし、
プロテクトされてるなぁとしか思えない。
態度も好かんし。ボクシングの亀田は若いから
まだネタとして面白いし良いんだけどこの人はなぁ。。

やっぱし今回イチバン良かったのは所かな。
ホイスだろうがダレだろうが思い切りよく突進する勇気。
体重差10キロあるのに寝ても立っても引けを取らなかったし。
窮地に追い込まれるほど燃えるらしいから、
もっともっと無茶なカードを見てみたい。
宇野みたいな選手に地味に封じ込められると面白くないから。

Dynamite!もあとはもういいや。
TVで放送されない試合多すぎだし。


つうわけで大した感想でもないけど、以上

January 2, 2006

戻りました

実家にはネコが二匹いるのですがさらに犬が一匹増えていました。
黒い柴犬。
なかなかカッコイイんですがいつ何時でも暴れまわり、
全く言う事を聞かず主であるオヤジの手に噛み付き
大流血させるような馬鹿犬でした。まーガキだからでしょうが。

競艇は惨敗でした。
当たりそうで当たらない。
競馬と違って枠数が少なくて確率は高いはずなのに。

7,8年ぶりに以前よく遊んでた友達に会ってきました。
相変わらずというか、そのまま大人になったなというか
変わってなさっぷりに少しあきれましたがまずまず楽しい酒でした。
たまにはいいもんだなと。

今日は2日。
もう少し休みが続くのでゆっくりします。

TVで毎度恒例の福袋にがっつく人たちを見ましたが
なんだかよくわからんもんによくも何万とか出せるもんだと思いました。
ブランド至上主義ニッポン、不況なんざ何処吹く風ですね。

あとプライドとダイナマイトに関しては長くなりそうなので別で書きます。

以上

今年もよろしくお願いします。

   .