f

February 28, 2006

初めてのバイク

ht90.jpg

古い画像を見て懐かしい思い出が頭をよぎったのでそのまま書いてみよう。
---

はじめてのバイクは競馬で当てた金を元手にして買った。

チャリで大学に行く通り沿いでみつけた。
整備工場なのかバイク屋なのかチャリンコ屋なのか見当が付かないような
その建物の軒先にそれは置いてあった。
外装がボロボロの90ccオフロード。マジックで書いた値札が付いていた。
おそらく7万円ぐらいだった思う。

気になって店のオッサンに聞いてみた。売り手はまだ決まっていないという。
話しこむうちに商談成立のような流れになったので、
まず免許が無いことを告げると、ひと月だけ待ってもらえることになった。

正直なところ7万円ごときの金の工面先も無かった。

バイトなんかやる気がしねえ、所詮学校出たら働くんだからバイトやる
ぐらいなら家で寝てたほうがいいや。そんなオレは当然貧乏だった。
張り切って通いだした教習所も面倒になってサボり続けていた。

その後、目標の出来た俺は再度教習所に通い出した。
免許取得期限ラスト2日のところで、なんとか合格し、免許は手に入れた。


あとは金。となると当時のオレには競馬しかなかった。

その年の菊花賞。
テイエムオペラオー、グラスワンダー、ナリタトップロードの3強。
この中でイチバン高い配当に有り金をぶち込んだ。

そして初めてのバイクがうちにやってきた。

YAMAHA HT90、1973年製。
2ストの90cc、馬力は、、
チャリに毛の生えたようなもんと言ったら言い過ぎか。

スタートは足で蹴らないと車にあおられ、坂道は自転車にも負ける、
見た目そのままのようなボロいバイクだった。

エンストも何度もしたし、遅いから遠くまでツーリングに行くことも出来ず
最期にはクラッチが壊れて廃車同然になってしまった。
部品取りとしてどこかの誰かさんのトラックに預けたときはすこし寂しかった。

軽くて乗りやすくて、見た目もすごく好きだったから、
部品がなくて直せないと言われたときは悔しかったなぁ。


February 27, 2006

陽気なギャングが地球を回す

アラ、映画化すんのね。
http://www.yo-gang.com/

youki.jpg

陽気なギャングが地球を回す

そして文庫化してるし。
ついこの間単行本で買ったのに。
まぁ値段大差ないけど。

舞城好きなら読んだほうがいいよ」
というビレッジバンガードの売り文句に乗ってみた。

一時期舞城にハマッタので読んだわけですよ。
似てるね、疾走感というか、流れがグングン来るね。
舞城よりも軽い感じかな、一気に読み終えちゃうと思う。

映画化しそーって感じなアクションドタバタ系だぁね。
ダレが読んでも面白いと思います。ハイ。

February 26, 2006

弁慶さんデビュー戦

亀田大毅、23秒KO劇!=プロデビュー戦

TVでやったんだよねぇ確か。
見逃したー。

デビュー戦、23秒?で、アニキが40ナンボで倒したんだっけね。

これをどう感じるか。

憶測で書くと「プロレスファンはすぐそういう事を」
とか思われるから、あえて何も言わない。

YO-KING+サンボマスター

yoking.jpg

YO-KING / 音楽とユーモアの旅

いまさらながらに聴きました。
真心ブラザーズを休止しても相変わらずの倉持節。
詞はもちろんのこと、声がいいんですよ、ガナリ声が。

いろんなゲストが参戦しているけど、気になってたのはやっぱサンボマスター。
「審美銃」と「バトンが泣いている」の2曲。

審美銃、山口の得意の何言ってんだかわかんない叫びからスタート。
モロにサンボマスターな始まりだけど歌うのは倉持。
なんとなくヘンな気もするけど勢いあって好きです、この曲。

洋楽は偉いのかい 英語ってかっこいいのかい
ふざけんなアタマ悪すぎるぜ 知識自慢はもう うんざりだ

全てのUKロック信者に捧ぐ!(個人的偏見を込めて)

モブログ機能追加

MT4iというツールをインストールしてみました。

携帯用サイト↓
http://strangespace.net/cgi/mt/mt4i.cgi

さくっといけますね。
さすがMovableType。
情報が豊富でカスタマイズするのが面白いですね。

自作する気は無いですが。(出来ねえし

個人サイト

mixiとかブログとか出てくる以前。

借りる事が出来るのなんて掲示板ぐらいで(teacupとか)
そんな便利なものなんてないから(geocitiesとかショボイのならあった)
みんな必死にタグ調べたりしてホームページ作ってましたよね。
ホームページビルダーやらDreamWeaverやら、サポートしてくれる
ソフトってのもありましたが、基本的には自作なわけで。

そんなことを必死にやってた学生時代。
サイト更新したりnapsterやったり(WinMX以前のP2Pのハシリ?)
そしてそれをチャットやICQやIRCをやりながら。
もちろんテレホ。その頃はISDNでしたけど。

FTPをあさってたらスゲェ前に作ったトップ画像がでてきたりして、
いろいろ思い出してなんだか懐かしい気分になりました。
※hirosue=Punkを唱えていた時期ですね。アタマがおかしい。

久しぶりに黙々とサイト更新作業なんてやっちまいましたが、
やりだしたらホントあっという間に時間がすぎますね。
バイトしない金ないヒマ大アリな学生だから出来たんだなぁと。

ちょっと楽しいなと思ったので、ちょくちょくCSSとかイジったり
トップ絵変えたりしつつ、更新してみようかなと思ってます。

ようやく

引越し完了しました。

サーバ借りてmovable type最新バージョン突っ込んで
旧サイトからデータ持ってきて、ってあっさり行くもんだと思いきや。。

テンプレートとか仕様が変わっちゃってんのね。
コツコツ直して、ようやくまともに表示できるようになったかな。

February 22, 2006

アイデン&ティティ―24歳/27歳

何年か前に映画化されたみうらじゅんの漫画

就職してなんとなく働くことに疑問を持ち出していた頃。
そんなときに劇場に見に行ったときのニッキ
なんとも熱いオレ。

やれること。
やりたいこと。
やらなきゃならないこと。

似ているようで意味が違いますよね。

現状においてやれること、やらなきゃならないこと
それらをこなし、そしてやりたいことにまで昇華させる。

これがイチバン潔い行為だと思うんですけど、
そうも言ってられないのが現実であり。
だからふと考えたときに苦悩してウガーッとなります。

この映画も漫画も、すごくいいんですよ。

「愛」だの「LOVE」だので非常にクサイんだけど、
まったくもってトレンディなニオイは皆無で。

漫画の主人公中島のモデルはみうらじゅん?
メロが無いから曲のイメージはわからんですけど、
(たしか映画ではメロ付けてちゃんと曲になってた)
なんともベタな歌詞はみうらじゅんが書いたとは
とても思えないぐらいクサイけどカッコイイ。

映画の主演中島役、元ゴイステのボーカルの人は、
当時の「青春パンク」というブームのカタに嵌められてしまった感
があるんですが(オレの中では)、この映画では凄みが利いていて
素晴らしく「ロック」してたと思います。

おっさん

サーバを借りた。
今時は独自ドメインでサーバ借りようと思ったら
月換算で300円程度で借りられる。
不安定なADSLで不安定なボロPCで自家製サーバなんて
バカらしいぐらい。いい時代になったもんだ。

今日は会社のおっさんと呑んできた。
恵比寿の駅から徒歩1分ほどにある呑みやビルのB2。
洒落た内装の焼き鳥屋。レバーがうまい。
以前行ったことがあったのでここでいいでしょうと案内した。

とてもいい酒だった。
このおっさんと仕事をしてもう1年が過ぎた。
最初は怖いおっさんだったけど、半年ぐらい経ったときから
ようやく扱いに慣れ、たまに酒を呑むようになった。

社内のみんなからはとても恐れられているこのおっさん。
だけどオレは一緒に呑んでいるととても楽しい。

他のおっさんとはかたくなに話さないプライベートな話も
このおっさんと呑んでるときだけは普通に話せる気がする。

おっさんはとても話がうまい。
気を使っているのに使ってないふりをするのがうまい。
だから信用できる。
術中にハマっているような気もするからまた面白い。

しかしまた明日からは仕事中叱られる日々。

February 21, 2006

まーそんなもんだ。

有名私立大卒、職歴無しな26歳がうちの会社に研修
に来ている。そしてなぜか担当はオレ。

なんとなしに履歴書を見てみる。
学歴、資格、自己PR。
読み進めるうちに、あまりの必死さに怖くなった。

高学歴なのにこうなのかと。
年齢の壁というのはそこまで厳しいものなのかと。
ヒトトナリもウーンという感じはするが、
社会経験無しならこんなもんだろうという気もするし。

オレなんていつでも辞めようと考えているのに。

辞める辞めると言うは易し、本気で辞めるとなったら
想像以上に覚悟が要るなぁと感じた30手前。

自宅に帰りDVDで青春デンデケデケデケを観る。

「もし世界のロックの中で一曲だけあげてみいといわれたら」
「ジョニーBグッド、聴いてください。」

グッときた。泣けた。
会社で思ってたことなんかスッカリ忘れた。

February 20, 2006

天気予報は当てにならない

 

本日。

三浦半島にプチツーリングに一人で出かけようと
考えていたが結局なにもせず終了。
天気予報が雨だったから気にしてたんだけど
全然ふらねえでやんの。
これから暖かくなるしまぁそのうち行こう。

W★INGのリストバンド。

mixi内のある方が茨木氏(当時の社長)の了承を得て
作成していて、ちょうどまた作成するとのことだったので
1個譲っていただきました。すげーカッコイイ。
これ付けたら有刺鉄線バットを振り回したい気分になります。
※W★ING:昔存在したデスマッチ+怪奇系プロレス団体

ハイロウズのベスト。
http://www.high-lows.net/info.html

久しぶりにハイロウズ聴きました。
やっぱしロックンロールって最高なんだな。

子供の頃に 解りかけてたことが
大人になって 解らないまま
偉くもないし 立派でもない
信じているのは胸のドキドキ
「答え」でもない 「ホント」でもない
わかってるのは 胸のドキドキだけ

February 12, 2006

伊豆ツーリング

  

伊豆行ってきました。

参加者以下2名。

uzulla - Kawasaki ZZR400
オレ  - Kawasaki 650RS W3

あいにくの寝坊&エンジンかからんトラブルにより
AM9:00予定の厚木合流が3時間遅れのAM12:00。

予定ルートは海沿いをぐるっと。
真鶴抜けて東伊豆、下田、西伊豆、そっから修善寺へ。
合流が遅くなったため変更も考えられたが、
二人とも基本的に適当なのでそのまま決行。

東伊豆付近のいつもながらの大渋滞により
下田あたりですでに心が折れそうになるも
南伊豆まで来ちゃったらもう行くしかない。
目的地は中伊豆修善寺。

PM7:30修善寺到着。
高い、遅い、味普通、という感じの天ぷら定食を食べる。
2500円。痛い。PM9:00過ぎ、温泉街をさまよいながら宿到着。

部屋は古い。古いとしかいいようがない。
しかしやたらに広い。そしてなにもない。
こういうとこってのはなんか小汚ねえのが基本だけど
掃除はちゃんとしている感じで不潔感は無し。

風呂のボイラーが止まるからPM11:00まで。
温泉なのにボイラー?気にせず即風呂へ。
風呂場はとにかく寒い。室内なのに露天のように寒い。
風呂は岩風呂。これはいい感じ。
風呂場は寒くとも入っちゃえば暖かいのでまぁOK。

風呂後はもちろんビール。
uzullaさんが熊本土産として持ってきてくれたそば焼酎も呑む。
疲れが効いてきたためあまり酒が進まずダウン。

一日目終了。

二日目は軽く走って早めに帰ろうということで
修善寺からほど近い沼津港へ。
思っていた以上のにぎわいっぷり。
昼飯を喰う店として、できるだけ流行っていそうな店を選ぶ。
これが大当たり。ひさびさにウマイ魚を喰った気がする。

さて帰り道。
沼津から東名で直帰か、箱根ターンパイクか。
この時点でまだ午前中だったため、箱根へ行くことにする。

ターンパイク入り口付近からパラパラと粉雪が舞いだす。
気温急降下。顔面が痛い、手がしびれ出す。
イヤ~な感じをひきづりつつターンパイク到着。

この先は雪が積もっている、との理由で通行禁止。残念。

さー引き返すか、別の道を選ぶか。
「国道1号の新道なら大丈夫だろう。」
このuzullaさんの選択が苦行の始まり。

新道突入後、粉雪が吹雪に変化。
雪がシールドにへばりつき前が見えない。
路面にも少しずつ積もりだす。
寒い、見えん、こええ。
生きた心地がしない。

なんとか苦行をクリアしたところで一服。
服もバイクもメットも凍っていた。
越えてしまえば笑い話だがもう二度と御免だ。

そのあとは小田原から高速。厚木で解散。

久々のツーリングだったわけですが、道中バイクにトラブル
もなく事故も無く帰還できたので良かったと思ってます。

やっぱ遠乗りは楽しいですよ。
あんまり速いのは必死になっちゃうんでダメですけど
ゆらゆらと余裕を持って走るのは楽しいですね。

以上、今回のツーリング報告でした。

February 10, 2006

再始動。

2004年から2006年に飛んでますが気にしないでください。
そのうちログ埋めます。

February 9, 2006

バイク漫画

週末ツーリング。
宿を決めるも相手側から強制キャンセル。しかも二度も。
最終的には祝日でも素泊まり3000円の一応温泉な宿に決まる。
ある意味楽しみ。

たまたま古本屋で見かけた「単車捜し」
手にとってみてみると表紙のバイクがなんとBSA。

一話毎に違うバイクにスポットが当たる。
BSAは出てこない。英車はなぜかトラカブだけ出てくる。
国産の古いバイクが沢山出てくる。
我が愛車W3も1コマだけ登場。
青春系かな、不良漫画っぽくもある。
後述するMy Favorite BIKEのほうが爽やか。

いつのまにか出てた「My Favorite BIKE 3」
作者は走り屋系にはおなじみ「オーバーレブ!」の人。

レーサーレプリカやらスクーターやら、こちらもバイクが主役。
こっちのが新しいバイクが多い。
バイクが主役の一話完結モノ。

どっちも作者のシュミが出てるんだろうなぁ。という感じ。
バイク好きならわりと面白いんじゃなかろうか。

まぁ特に薦めるほどでもないけど。

February 5, 2006

寒いですね

奥多摩ツーリングは延期にしました。
上手い具合に来週は土日空いたので伊豆に変更です。

前回は豪雨で単なる車での旅行になっちまったので
その苦い経験を元に今回はちゃんと週末天気もチェック。
1年ちょい振りの伊豆リベンジです。


久々に髪切ってきました。
基本的に予約せず指名せずなのですぐに入れます。
そして適当にこういう風にと伝え、あとはランダムで来た
その美容師さんのセンスに任せます。

ここで気づいたのが、値段の安いチェーン系なら
経験の浅いヒトのほうが良かったりするということ。

値段の安い美容院は回転率で稼ぐから当然仕事が速い。
上手いから早いのではなく、適当にそれなりに切るから速い。
店を出たあとに額から水滴が垂れることも当たり前です。(乾いて無い)

そこで狙い目となるのは、
最近デビューしたグリーンボーイのようなちょっとオロオロした感じの人。
突然出番の来た4回戦ボーイは必死、そして丁寧です。

目も当てられないような事になってしまうかもしれないので
(実際に「坊主になってしまったらごめんなさい」と前置きされた)
諸刃の剣のような選択ではありますが、うまく行けば気分もよし。

どのみち大してかわんねえって先入観があって、
ダレでもいい、どうでもいいって感じなんですが
一回マトモなとこ行ってみろってことですかね。

February 3, 2006

醜いよね

よし、週末は奥多摩ツーリングだ(予定)


なんだか政治家の人がホリエモンをオレの息子呼ばわりしてたとかで
やたらに批判されてますね。小泉もなんか謝ってるし。

私が見抜けなかったのが悪かったみたいなことを言っていたが
んなもん見抜けるわけなかろうと思うのだが。
ホリエモン使って多少なりとも利があっただろうから
謝る必要ないとはさすがに言わないけど、
その前に誰かが批判する権利ってあるのだろうか。
つうかむしろ持ち上げまくったマスコミこそ謝れといいたい。

ハッキリ言ってホリエモンがどうなろうが知ったこっちゃないし、
株も興味ねえからどうでもいい。
しかし思うに、ライブドア株なんて元々博打じゃねえのか?

当時のライブドアの勢いに便乗して株買いあさった奴ら、
落馬したジョッキーを批判するギャンブラーがいるか?
ちょっと意味違うな、八百長やってた事が発覚したジョッキー
のほうが合ってるか。どのみち批判などしない。投資した自分を哂え。

もてはやしてたくせに急に批判する側に回ったバカ供。
今になって「前からこうなると思ってた」的な言い回しをするアホ供。

どうでもいいと思いつつ、入ってくる情報を聞くにつけ
まったくもって陰湿で醜悪で、嫌悪感しかないなぁ。

February 2, 2006

シュミ

ベースってただ弾くだけじゃなくてリズム取るのが
ものすごい重要なんだなと初心者ながら思った。
良く考えたらメトロノームが無い。
金にものを言わせてこんなものを買ってしまおうか。
どうでもいいがTASCAMってTEACなんだな。知らなかった。
シールドもぶっ壊れたからちょっといいの買おうかな。
なんだかいろいろあってよくわかんないんだが。

ふと気づけばバイクがそろそろ車検。
今年の冬は本気で乗ってない。
調子悪すぎてプラグ換えたのが2、3週前の週末。
たまには乗らないとまたダメになりそうだ。

ツーリング行きてぇなぁ、伊豆あたりの温泉にでも。

って、なんだか金かかることばっかだな。

   .