f

October 27, 2007

弱いものたちが早朝、さらに弱いものを叩く

なかなかに男前な謝罪会見やっとりましたね
反則に関してはうやむやにしたい感は否めませんでしたが

今までの一連のパフォーマンスの反動からか、
一応世界チャンピオンになった、という肩書きを持っている
からか、弟とか親父よりは多少はマシと以前から思われていた
兄だからか、おそらくは大多数のひとはある程度は納得して
しまうような会見だったのではないでしょうか

誠意のある謝罪ってなんですかね
ボクシングを喰いモノにしたのは誰ですかね
やっぱ諸悪の根源はマスコミなんですかね

ここから這い上がるには今後の試合で魅せるしかない
なんて方向に世論は向かう気がするけど、這い上がるという
表現を使うにはカネを持ちすぎているんじゃなかろうかな


October 23, 2007

100円でも1000円でも1万円でもドキドキは変わらない

どようびの競馬場は気持ちがいい。

数年振りに訪れた東京競馬場。
予想以上に近代化およびエンタテイメント化していた。
土曜日はすいていて天気も良く気持ちが良かった。
馬券が当たればさらに良かったんだけどさ。

ひさびさに馬券買うと熱くなっちゃうなぁ。
即PATやろうかな。


にちようびは三茶de大道芸。

大道芸人は観客を煽る。盛り上げる。
なんでもやる、ときには怪我もいとわない。
痛く興奮気味に感動してしまった。
なんだこりゃすげぇじゃん!と引き込まれてしまった。

マジシャンでもなく、お笑い芸人でもなく、ミュージシャンでもなく。
なにが出るかわかんないから大道芸っておもしれぇんだな。


October 16, 2007

タバコ

亀田一家のやりたい放題なボクシング界でしたが、ついにここまでですかね
親父はほぼ追放、弟は1年ライセンス停止、アニキの世界前哨戦も中止
亀田擁護ばっかしてた関係者のひとたちは今後どうすんだろな

***
タバコを換えようかと思っている

やれ労働者専用だとかDOKATAタバコだとか言われながらも
ハイライトを常飲し続けてきた俺ですが
2ヶ月前に綺麗にした歯へのヤニ進行にもはや限界
これが続いたら10年持つ白い歯が半年も持たねぇよ!というわけで

タバコ、やめりゃいいんだけどさ
とりあえず軽いのにしてみようかなーなんて

軽いからヤニが付着しないのかつったら関係ないかもだけど


October 12, 2007

やってくれたぜ!内藤!

こんなにドキドキしたのは久しぶりだ。
http://www.sanspo.com/sokuho/071011/sokuho045.html

個人的には10年前の同日、1997.10.11 PRIDE-1。
高田がヒクソンに挑んだ日以来の大一番。

内藤大助 vs 亀田大毅。

「誰か亀田をぶちのめしてくれ!!」
これが近年の亀田フィーバーに沸く腐ったボクシング界に
嫌悪感を示している善良なボクシングファンたちの願い。

宮田ジムと内藤の執念により実現したこの一戦。
内藤が希望した、お客さんに喜んでもらえる試合。
スローガンは「国民の期待に応えます!」

試合開始前のレフェリーチェック。
会見時から「できれば無事に良い試合を」を繰り返していた宮田会長。
気のやさしい会長ではあるが、リング上では亀親父の威嚇にひるまず、
視線を外さずに立ち向かう。これぞ覚悟を決めた会長の心意気。

そして待ちに待った試合開始のゴング。
正直前半はヒヤリとした。
会場の空気のせいか、入れ込みすぎているように見える内藤の動きと
亀の突進で試合は空回り。必殺技ノーモーションの大ちゃんフック
(それしかねえけど)がラッキーで当たったらまずいなーと。

その不安もろくに手を出さないチャレンジャーには無意味。
ポイントは王者優勢で必死にならなきゃ負けの展開なのに中盤以降も
亀の突進、反則そしてクリンチの繰り返し。
最終12Rなんて「キレた若者」という感じでもはやなにがしたいんだか。

判定はもちろんフルマークで内藤。
ダウンもない内容で多少は不満も残るが、勝つ気があるとはとても思えない
亀ガードに終始徹した亀が相手では仕方なし。

本当に良かった。内藤最高。
以前は解説席に座っていた竹原も今日はビールがうまいそうだ。
以下、クソ亀どものインターバルでの会話。永久追放にしたほうがいいと思う。

親父:キンタマ打ってもかまへんから
興毅:ヒジでもいいから目ェ入れろ


   .