f

January 29, 2010

赤羽で鯉のあらいに震えた

先週末の話になりますが、昼間から酒を呑もうということで後輩もぐらくんを連れて赤羽に行ってきました。赤羽駅到着は午後2時半。この時間でも開いている店はすぐに見つけられます。観光地でもなんでもない街なのに昼間からのノンベエがいい顔で呑んでいる。これが赤羽の魅力。
早速、赤羽の大定番「まるます家」へと歩を進めると、なんとこの時間なのに満員御礼。おばちゃんたちに声をかけることも出来ないような状態なのでここは一旦退散。行ったことないけど「まるよし」がたしか2時半開店だったなぁと思い出し赤羽駅東口に戻ると、やってました。若干入りにくい外観もなんのその、ガラガラと戸を開けて突入します。

威勢よく迎えてくれる店主のおっちゃんに2人であることを告げカウンターをゲット。早速もぐらくんがホッピーを注文しているので合わせて俺もホッピーからスタート。コの字型カウンターにテーブルが3つほど。すでに赤ら顔のおっさんたちがこぞってサービス品(230円→200円)のポテトフライを食べており、ふと頼みそうになる。しかし、あとが控えている我々はぐっとこらえレバ刺ともつを2本ずつ、ホッピーのおかわりをもらいつつモツ煮込みを食べて早々に切り上げることに。所要時間、1時間程度。値段も雰囲気も抜群に良く、さいさきの良いスタート。

時間もたったし、よし今度こそ「まるます家」へ。ちょうどテーブル席が空いておりラッキーと着席。今度は瓶ビールから。つまみは次回食べようと、前回から決めていた鯉のあらいと鰻のカブト焼。早速鯉のあらいが登場したところで、からし酢みそを付けてひと口。感想は、高田延彦よろしく「鳥肌立った!」てな旨さ。もぐらくんの頼んだとり皮ポン酢もこれまた大当たり。ひとくち食べるとこれまた鳥肌!うますぎる!さらに鰻のカブトも旨い!こりゃ日本酒が欲しい!と思ったが最後、もうこらえきれんとばかりに即座に熱燗を注文。熱燗を3合ほど呑んだところで、もう一回あれが喰いたいな、と「鯉のあらい」と「とり皮ポン酢」を再度注文してしまうほど。当然熱燗もおかわり。
まるます家は、やっぱり旨い!ここで夜7時頃。腹も膨れてホロ酔い気分。

もぐらくんが東横線沿線のほうで呑んでみたいというので、埼京線から東横線に乗り換え、うちの近所では最強のもつ焼屋「ばん」に直行。元祖レモンサワーと絶品レバカツを注文。残念ながらトンビ豆腐(豚の尻尾を煮込んだ激辛煮込)は売り切れ。ばんの焼酎は多めなのでレモンサワーがかなり効く。もう腹が膨れて限界なオレは中盤からほぼリタイヤ状態になりここで終了。

昼間から呑むのは楽しい。これが頻繁になるのはマズイけど、たまには良い。
ただし次の日がキツイので、対策はちゃんと講じておくことが大切。

どうですか、こんな週末。みなさんもいかがですか。

酒場メモもよろしければどうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/yoooosk/


January 7, 2010

青木vs廣田はガチンコの中の"シュート"だったのか

大晦日に起こった、普段格闘技を見ることもない一般の方々がTVで観ている中での公開腕折りパフォーマンス。

さながらそれは観客を無視した潰し行為。プロレスで言うところの"シュート"または"セメント"。有名なところでは前田vsアンドレ、近年では小川vs橋本。これらの試合を観終わったときと同様の違和感を感じた。

試合後、青木は「今回は腕を折りにいった」と話していた。躊躇無く相手の腕の骨を叩き折るという行為、そんな行為はマトモな神経では到底出来ない。フィニッシュまでの動作、その後の吐き捨てるような中指立てポーズ。このときの青木は狂気に満ち溢れていた。正直TVで見ているだけなのに鳥肌モノだった。

これは、青木が仕掛けた"シュートマッチ"だったのではないか。

青木曰く、試合前に笹原Dreamプロデューサーから「相手を刺しに行け」と指示されたとのこと。この指示が煽りなのか本気なのか、その真相は解らない。しかし突如勃発したDreamと戦極の対抗戦、この経緯にきな臭い大人の事情があったのではないか、と思わずにはいられない。真剣勝負の総合格闘技とはいえ、それを生業とするプロなら観客を無視した試合などできるはずがないのだから。

なんて、プロレスファンはそんな見方が大好きなのである。



January 4, 2010

Rock'n' Roll is here to stay

明けましておめでとうございます。
本日は今年初出勤日。とはいえ特筆すべきこともなく時間は流れ、帰りにロックンロール系の日本語の曲が聴きたくなりTSUTAYAでクールスとダウンタウンブギウギバンドを借りてきました。いまさらと思うなかれ、ダウンタウンブギウギバンドは完璧にブルースなのですよ。クールスは初期クールスとクールスロカビリークラブ(第2期)時代のベストを借りたのですがこれまた思っていたよりもロカビリー(というか50'S)でした。ただし、ソロ代表曲「泣かないで」を彷彿とさせる初代ボーカリスト舘ひろしの美声はご愛嬌。ロカビリーと言えば我々の時代にはすでにブライアンセッツァー(ストレイキャッツね)が居ましたが、70年代はこれがカッコ良かったのだろうなぁ、となんとなく納得することにしました。

さて今年もよろしくお願いします。


   .