May 19, 2010

ゴタゴタを楽しむのは邪道だが

亀田がまたごねているようだ。
http://ameblo.jp/keiichiro-kanehira/entry-10535329419.html

亀田陣営(とTBS)はボクシングはカネさえあればどうにでもなると思っているフシがあるがそもそもその使い方が面白くない。

いくら強くてもタイトルマッチまでこぎつけるのはカネのあるジムにいる選手じゃないと難しいのがボクシングの現状なのだから、インチキくせぇことやってねえで強いやつと闘うためにカネを使って欲しい。

カネばらまいてかませ犬のフリして世界ランカーと対戦。番狂わせで世界ランク入り。そのまま一気にチャンピオンを札束ではたいてタイトルマッチをマッチメイク。さらにそこでも大番狂わせでタイトル奪取。

そんなことできるほどの実力がないのはTV見てれば解るけどさ。
つうか大して強くもねえのにボクシングでビジネスしようとするなっつうの。
面白くねえし。

ぜひとも青の戦士を読んで欲しいな。

さて亀田次男と協栄坂田。亀田キャンセルで王座剥奪?あるいはまたWBAの温情裁定でベルト返上OK?はたまたちゃんと世界タイトルマッチが組まれるのか。

まぁ亀田陣営も協栄ももなんだかどっちも胡散臭いからプロレスとして見たらなかなか面白いカードなんだけどさ。


May 19, 2010 11:59 PM
トラックバックURL
http://strangespace.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/406
エントリー
コメント
コメントする



名前を登録しますか?






   .