f

December 26, 2010

デムーロに脱帽

いやー参りました、有馬記念。
ピサなんて秋は海外遠征&4戦目だし、もうオツリ無いよと完全に舐めてました。2番人気なんてアホかみんな買え買え、とほくそ笑んでいたオレがアホでした。しっかしデムーロはお見事。ブエナは4角ちょっと追い出しが遅れたかなという感じもしましたが、それでも末脚勝負はあえて挑まず3角から一気に突き放したデムーロの作戦勝ち。ブエナに勝つにはこれしかないという戦法がズバリで、ホント素晴らしすぎる騎乗でした。

一方、オレの買ったオウケンはというと、、
乗り替わったリーディングジョッキー横山典のまさかの先行策で見せ場は作りましたが、なぜか4角で失速。スローペースな上に、掲示板に載った馬がほとんど先行していた馬たちだっただけに惜しすぎる。道中は悪くないようにみえましたが、折り合いがつかなかったか。。ルーラーシップはいい感じで3角あがってきたんだから、どうせならピサと一緒に前まで行って欲しかったなぁ。どっちも微妙に惜しすぎ。力負けにも見えましたが、あえてそうは考えないことにします。ちなみにドリームジャーニーは12キロ増のため買い控えました。そしたら案の定惨敗、ってまぁそんなん当てても仕方ないんですけど。

つうわけで今年の有馬は惨敗。終わってみれば外国人騎手のワンツースリーフィニッシュ。来年は日本人騎手の奮起に期待。トゥザグローリーまで持って来られちゃあちょっとね。。


December 25, 2010

有馬記念の勝ち馬は、と

誰がなんと言おうと、史上最強牝馬はヒシアマゾンでもなければウォッカでもない、ダイワスカーレットだ。しかしながら今回のブエナビスタもなかなかに強い。今年のメンバーでは大本命だ。今年度の年度代表馬にもなると思う。
2年前の有馬記念は迷うことなくダスカから流して万馬券を的中させた。
だが今年は。ブエナはダスカに匹敵ほどのものなのか。そこが悩みどころ。

他は大体決まっている。ペースがスローになるという予測から外枠は要らないと言われているようだが、そんなもん関係ない。今回もJCに引き続きオーケンブルースリ。前回よりも調子は上昇。今年初めてまともな状態で出てきそうな気配。あとは昨年の覇者ドリームジャーニーも買い。当日の馬体重にもよるが、まともならいくら今年の3歳が強いといってもまだまだ負けない。斤量57キロの今回なら4角から一気にまくってくるはず。3歳からはJC組はやたら人気になっててうっとおしいのでまとめて切る。買うのはルーラーシップ。展開が見えないので、底を見せていない良血馬の先攻力にも期待して買っておくことにする。あとは馬券的に妙味のある中山功者ネヴァブションなんてのも抑えるかも。

てなわけで大体買い目は決まって来ているが、どこからいくかはたまたボックスか。戦績見たらどう考えてもブエナは鉄板だろうがって思うオレと、そんな安いの買ってどうするというオレと。

買う寸前まで迷うことにする。


December 16, 2010

煙草を換えた

PALL MALL LIGHTS 390円

安いだろ でもあんまり売ってないんだぜ

って 最近煙草の話題ばかりだな

プカプカ あえてオリジナル ディランⅡ


December 7, 2010

水煙草

アラビア語でシーシャという。
インドやトルコあたりのオッサンがブクブクしているやつだ。

ちょっと気になったので買ってみた。初心者用の小さいやつ。
フレーバーというベタベタした葉っぱを乗せ、その上に火をつけた
炭を置きブクブクすると、甘い香りがしてくる。
さらにしばらくとブクブクブクブク吸い続けると、煙が出てくる。

なんとなくマッタリした気分になる。なかなか悪くない。
でもニコチンの量は少ないので、やっぱり煙草代わりにはなりません。

****

一個下のエントリで書いたライブで元憂歌団の木村が演奏していた曲。
マーシーのカバーだったとは知らなかった。良い曲。


ドラムレス憂歌団

先週の木曜日、会社を休んで「RelaxDelux Night 2days」を見るために新宿ロフトに行ってきました。出演者は、内田勘太郎ソロ、花岡献治unit、そして木村充揮ソロ。つまりは憂歌団、その同窓会のような企画でした。

最初は内田勘太郎。CDでしか聴いたことがなかったギターを生で聴けることに感動。もう凄すぎて聴き入ってしまいました。続いて花岡献治のブルースバンド。これまたロッケンロールブルース。のれる。ここら辺から人が多いのがうっとおしくて後ろに下がってゆらゆらしてました。3番手、さぁ来たキムラ!ゲゲゲの鬼太郎から、ときにタバコを吸い、お湯割りを呑みつつぐだぐだしてるようで心地いい。さっすが百戦錬磨。天使のダミ声も健在で、CDよりも良かったです、いやホント、この人はライブだわ。

しかしまぁ三方ともお客さんとの掛け合いが面白くて。もう当たり前の光景なんでしょうけど、おかしくてたまりませんでした。
そして最後、木村終了後にはみなさんお待ちかねのアンコール。
出ました、ベース花岡、ギター内田、ボーカル木村、ドラムは、残念ながら無し。

でも3人揃ってドラムレス憂歌団!

もう、涙が出るほど最高でしたよ。14年ぶりと言ってましたが、そんなブランクは物ともせず一発目から「おそうじオバチャン」そして、「君といつまでも」を間にいれて、最後に憂歌団といえばもちろんお馴染みの「嫌んなった」で〆。

お客さんは年配の方が多かったんですがみんなノリノリで、またやって欲しいと心から思った感涙モノのライブでした。

ただ欲を言えば、3人揃ったので最後にスティーリンやって欲しかったなぁ。。


December 4, 2010

電子煙草

買い溜めしたタバコも底をついてきたので、電子タバコに再チャレンジ。
前回はめんどくさくなって辞めてしまったが、背に腹は変えられん。

今回は国産らしきニコチン無しリキッドを購入してみた。
試してみたが、吸い続けたあと勝手にタバコに手が出てしまう。
意味が無いので以前買ったニコチン入りとブレンドしてみる。

これなら幾分かマシ。

というわけでこれで行ってみる。たぶんまたすぐ飽きる。


December 1, 2010

アントニオ猪木酒場に行ってきた

新宿、花園神社のすぐそばにあるキリストンカフェのビル7階といえばわかるだろうか。そんな場所にアントニオ猪木酒場という居酒屋がある。
別になんてこたねえだろうと行くのは控えていたのだが、ちょうどプロレス好きの友人が遊びにきたのでこれは良いタイミングだと思い、歌舞伎町の居酒屋カンちゃんに行くのをやめてこっちに行ってみることにした。

エレベータを降りると、ギラギラした店内に猪木の特大人形やらプロレスのリングやら、奥のほうにはスナック道、キャバレー寛至などの昭和の店を模した看板も見える。まさに猪木的センス爆発。わけがわからない。

ふいに団体客側から聞こえるのは1、2、3、ダー!の大合唱。
なんだなんだ、客も猪木ファンばかりなのか?と思いつつ店員を待っていると、あとから来た女性客の二人連れは、ドン引きしてエレベータに逃げていった。

席に通された我々はカウンターに座り、普通にビールを頼む。つまみも適当に頼んだ。無論、猪木を連想させるメニューの数々なのである。


コブラツイスト(長いソーセージ)

目の前のモニタに映る猪木vsボブバックランドの渋い試合を見ながら呑んでいると、隣の席の客にサラダを持ってきた店員がいきなりやりだした。

ご唱和ください!1、2、3、サラ・ダー!!

あぁこれだったのね、と。猪木の代名詞はダジャレ的な宴会芸になっていた。でも猪木らしくて良し。カウンターの2人客だったので苦笑いだったが。

お土産にジョッキを買ってきた。これは馬鹿でいい。


元気があれば、何んでも飲める。

ちなみに、この店に行く前は水道橋にて10何年か振りにプロレスショップを巡った。もともと無かった店が増えていたように見受けられたが、昔は足しげく通ったチャンピオンが移転して小さくなっていたのは寂しかった。あとプロレスショップに置いてある冊子が少ないのも悲しかった、活字プロレス世代。


   .