July 20, 2011

はじめての競輪

たちかわ競輪に行ってきた。

無料送迎バスもあるが、バス停の位置がよくわからんので、立川駅から15分ほど歩いて到着。入場料は50円。自動改札のような入り口に50円を投入する仕組み。50円玉が無い場合は両替機で崩すこともできる。

中に入るとそこは府中競馬場のような華やかな世界とは一線を画した、場末感溢れるいなたい風情の中で予想屋の掛け声が響くこれぞ「鉄火場」といった世界だった。くわえタバコで「サイクル」とかいう新聞をにらみながらマークシートを書くおじさん。係員からもらった冷たいおしぼり(ツメシボ)を頭に乗せて予想を熱心に聞くおじさん。かんぴょう巻きを片手ににぎりしめ徘徊するおじさん。若者はあまり居らずおじさん多め。女性はほぼ皆無だった。

俺は競馬、競艇はやったことがあるけど競輪は今回が初めて。タダでもらえる出走表をにらみつつ、画面でオッズを確認する。連勝複式だったり単式だったり、枠だったり車番だったりというのは競馬とほぼ同じでわかりやすい。

賭けたのは行った時間が遅かったのでラスト2レースだけ。1レース目はよくわからんのでガチガチ本命に500円。しかし固いのは意外に来ない、そしてちょっとずれたら結構オッズがつくことを知る。さぁ2レース目、トークショーをしていた元選手の予想をいただき、ちょっとずらして枠で200円3点勝負。

で、これが来ちゃいました。そしてなんと枠連なのに50倍もの配当が。遊びで賭けた数百円があっというまに1万円。マトモな予想もせず勝ったのでいまいち気持ち的に高ぶることは無いけどひさびさのヒットはやっぱりうれしいもの。

帰り道に立川駅前の「玉河」で祝杯。こんなときでも安い店に行ってしまう。。

競輪の見所は打鐘の鳴ったあとの1周半からゴール前の接戦。これはいやがおうにも熱くなった。ただ玄人からすればその前の攻防からなのだろうが良くわからなかった。「ギャンブルレーサー」でも読んで勉強すべきか。

そういえば実はわりと近場に公営賭博が4つもあることに気づく。
競馬は府中、競輪は立川と京王閣、競艇は多摩川。

さて次回は多摩川に行ってみようかな。


July 20, 2011 11:37 PM
トラックバックURL
http://strangespace.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/470
エントリー
コメント
コメントする



名前を登録しますか?






   .