November 14, 2009

London Calling - The Life of Joe Strummer -

いまさらながらDVDで観た。

White Riotのレコーディング場面から始まり、幼少期、Sex Pistolsとの出会い、CLASH解散、その後の活動など、CLASHのジョーストラマーの印象とは違った、あまり一般的に知られていない事柄が映し出されている。

印象に残った場面は、アメリカで成功を収めたCLASHがフットボール場?のような大会場で大歓声に迎えられ、そこで I Fought The Law を演奏する場面。

I fought the law and the law won.
俺は法律と闘った、しかし勝ったのは法律だった。

Punkが大舞台に立つことの違和感、それは単なる売れ線のポップグループになってしまった、という感がありありで、同曲をロンドンのライブハウスで演奏しているシーンとが交互に映されることにより、とても滑稽に見えた。

アメリカで、世界で成功したPunkは唯一CLASHだけだったけど、数多くのトラブルを起こし、たった一枚のアルバムを出しただけで消えていったSex PistolsはいまもなおPunkの象徴として君臨していたりする。
(近年復活したピストルズは別モノとして)

Punkは売れちゃったらだめなのか。
常にカウンターカルチャーであるべきなのか。
反体制を推していく場合、やはり売れちゃったら維持するのは難しいんじゃないかなぁ、と思う。聴いている側からすれば、曲がよければってのもあるんだけど。



November 3, 2009

全ての不遇なるバンドマンへ

映画の日なので久しぶりに映画を観てきた。

30年間バンド活動にその身をささげ、ロックスターになれなかったメタルバンド、ANVIL。全盛期はBONJOVIとも共演したほどのバンドだった。スターダムにのし上がるはずだったのに今も地元でしがない仕事をしている。

おれたちゃこれでもプロか?との呟きに思わず笑ってしまうほど悲惨で情けないヨーロッパツアー、自腹でのアルバム製作、常に苦境に立たされながらもその音楽と友情を武器に乗り越えようともがき続ける人間模様がとても面白い。

ところどころで、バンドって信頼関係が重要だなぁと実感した。
言いたいことを言っているだけでは破綻する、しかし言いたいことも言えない状態ではろくなものも作れないし、第一楽しくない。
そして、やり続けること。やり続けてさえいれば、いつかは良くなることがあるかもしれない。今以上に悪くなったとしても、そのときにやるべきことはやった思うことが出来ればいい。

バンドやってる人たちには是非観て欲しいなぁと思う。
大したバンド暦があるわけでもないくせに図々しいとは思うけども。


July 2, 2009

亜無亜危異

アナーキーのドキュメンタリー
TSUTAYAでDVDを借りて観た

初期の国鉄のナッパ服に赤い腕章の頃が好きだ

後期は上手くなり過ぎちゃった
音楽続けてたら当然の結果なんだろうけど

我々IT-ZOMBIEも赤い腕章を着けてたりする

愛帝憎無毘

なんてどうだろう


January 28, 2009

メリケン

宮藤官九郎の映画とかドラマって多分観たことないんだけど

油断すると頭の中でみやふじと読んでしまうぐらいに

ただグループ魂(ギターが宮藤)は好きなんです、わりと
アーリー80'sな前につんのめって転がるような
日本のPunkとか好きなんだろなって感じがするから

だからこのひとが作るPunk映画、しかもオッサンの

ナイスじゃないか
と思ったわけですよ

宮崎あおいさんは置いておいて
ボーカル役のトモロヲもスルーしておいて
若い頃のボーカル役が銀杏ボーイズ(つまりはアイデン&ティティ)
ということもまあよしとして

ひじょうに商業映画チックではあるのだけど

ちなみに音楽は向井秀徳とのこと


ついでに我がIT-ZOMBIEのライブ告知もしておこう
http://itzombie.strangespace.net/

2月13日の金曜日に新宿JAMでヤリマス
時間がまだ決まってないんですが

ではまた
近くなったらまたしつこく告知します


January 11, 2009

レイトで狂い咲き

観たいな
ビデオ持ってるけど映画館で観たいんだ

銀座シネパトス 1/16(金)~20(火) 狂い咲きサンダーロード

やってやろうじゃねえの!
みんなまとめて面倒みてやろうじゃねえの!なぁ


January 12, 2008

ジョニーデップ

なんとなく検索にヒットしそうなタイトルにしてみた

最近来日したとかいう記事をみて、ふと思い出したのだよ

パイレーツオブカリビアンとかは観てないから知らんけど
高校一年生の頃に近所のビデオレンタルで借りた
当時はドマイナー俳優だと思っていた
最高にロッカビリーだったジョニーデップの初主演映画を

クライ・ベイビー【字幕版】
クライ・ベイビー【字幕版】

YOUTUBEにやっぱりあった

ちょろっと出した前髪と背後に映るスタークロスが泣ける
固い振る舞いとヒーカップ唱法がナイス
なにげなくウッドベースの奴がいろいろしてるのもオモロイ

くらっはべいべ くらっはべいべ くらっはべいべ

懐かしい
もっかい観てぇ


January 24, 2007

たまには映画でも

シアターN渋谷 / ROUGH CUT&READY DUBBED

Punkやってるって言ったら
ひどいやつだって思われるだけだ
...でもおれらはPunkだぜ!

ついこの間やってたアメリカンハードコアは
見逃してしまったがこれは観に行きたいのでメモ。

その前にTOKYO LOOP観に行きたいんだが
しまった!今週末からレイトじゃねえかーー


March 30, 2006

ジャッキー

マイッタ、すっげぇ面白かった。

レッド・ブロンクス
レッド・ブロンクス - スペシャル・エディション 2枚組

巨大なホバークラフトはガンガン街を破壊して走るし
ジャッキーは死んでもおかしくないような無茶ばっかするし
息つくヒマもない濃密すぎるアクションの連続。
そしてシリアスな場面でもなぜか緊張感なくコミカル。

たまたまTVつけたらやってたから見ちゃったけど
ジャッキーのスタントはやっぱ最高だなぁ。


March 10, 2006

リンダリンダリンダリンダリンダ

ブルーハーツだもんね、そらもう泣くって。


バンドっていいなぁって見ながら思わずベース持ち出しちゃったよ。
学祭で演奏っつうのはデンデケと思いっきりかぶってるわけだけど
こっちは女子だから泥臭くないね。ロックだぜ!って感じではないかな。

ソウちゃんがすごくいいね。
特別かわいいわけでもないんだけど、不思議な雰囲気というか
一生懸命さというか。なんかところどころのリアクションがヘンでいい。
たどたどしい日本語をしゃべる韓国人というキャラもあるだろうけど。

リンダリンダから終わらない歌ってもうね。
いつまでたってもいつ聴いてもブルーハーツは最高なんですよね。


February 21, 2006

まーそんなもんだ。

有名私立大卒、職歴無しな26歳がうちの会社に研修
に来ている。そしてなぜか担当はオレ。

なんとなしに履歴書を見てみる。
学歴、資格、自己PR。
読み進めるうちに、あまりの必死さに怖くなった。

高学歴なのにこうなのかと。
年齢の壁というのはそこまで厳しいものなのかと。
ヒトトナリもウーンという感じはするが、
社会経験無しならこんなもんだろうという気もするし。

オレなんていつでも辞めようと考えているのに。

辞める辞めると言うは易し、本気で辞めるとなったら
想像以上に覚悟が要るなぁと感じた30手前。

自宅に帰りDVDで青春デンデケデケデケを観る。

「もし世界のロックの中で一曲だけあげてみいといわれたら」
「ジョニーBグッド、聴いてください。」

グッときた。泣けた。
会社で思ってたことなんかスッカリ忘れた。

January 17, 2006

END OF THE CENTURY

END OF THE CENTURYをみた。

RAMONESのドキュメンタリ映画。

アメリカでは人気無し。
でもイギリスでは爆発的な人気。
パンクムーブメントはラモンズ発。

のちのち名が知られていくバンドたちがみな感動し
そして「ヘタクソでもできる」とバンドを始めたという。

アホみたいにシンプルなロックンロール。
オレは大好きです。

December 3, 2005

シド・アンド・ナンシー

昨日いくつか借りてきたパンク映画第二弾。
休日なのにうっかり早起きしてしまったので朝から見た。

シドとナンシーの元々の印象としては

シド = ベース弾けないベーシスト、アタマ悪い。
ナンシー = 単なるアバズレ、ジャンキー。

てなところだった。

作り手の想像なのかちゃんと情報収集して作ったのか、
その辺の裏事情とかあんまり知らないんだけど
思ったとおり悲哀のスターみたいな扱いになっとるなーと。

不毛な無為というかそういう行為を笑い飛ばして
薬に溺れてぶっ壊れて、っていうイメージを強く持ってたんだが
この映画ではなんか人並みに悩んてたりするわけで、
シドもナンシーも実在した人間だったからまぁ、いろいろ
あったんだろうなーと妙に実感した。

トレンディドラマ並の露骨なラブストーリーには
違和感だけどそれはあえて映画としてそうしたんだろう、
という事にしておく。

あとどうでもいいが、ジョニーロットン役の人、
あのサルみたいにマイクスタンドにもたれてフラフラ
しながら歌うスタイル、似てて良かった。

July 18, 2005

CRAZY THUNDER ROAD

狂い咲きサンダーロード。

何年か前にレンタルで借りて見たきりで、どーしても見たくて
いまさら中古レンタル落ちビデオを買ってしまった。
爆裂都市がDVD化したのを期に、絶対これもDVD化されるであろう
と思われるのだが、待ってらんなかったので。

久々に見たけど、いいねーやっぱ山田辰夫。
鋭い眼光がキチガイ染みていて良し。
若い山田辰夫の顔はなんか永瀬正敏に似ている気がする。
全体的に無茶苦茶でショボくてすごくイイ。
ラストはバイク乗り必見(なのか?

石井聰亙初期の傑作、爆裂都市もいいけどこっちのが好き。

June 2, 2005

カオルちゃん

  

岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説を観る。

見所はもちろん竹内力の風貌と立ち振る舞い。
バトルロワイヤル2のときよりも更に
さわやか二枚目だった頃の面影が無い。
顔引きつらせて白目剥いたりよだれダラダラで
野太い声で吼えたり、完全にブチ切れている。
演技がどうこうというより、もはや顔芸。

もっと理不尽なのかなーと思っていたのだが、
意外にもカオルちゃんは硬派な暴れん坊キャラだった。
そしてストーリーはちょっと重くてマトモなイイ話。
もっと無茶苦茶で笑える話を期待してたのだが。

トモロヲのマヌケキャラはハマりすぎでよかった。


朝起きたらすげぇ喉が痛くて身体がダルくて
明らかに風邪っぽい。

喉のほうはこうなると内科じゃなくて耳鼻咽喉科に
行かないと治らないのは経験済みなので現状切羽詰った
作業も無いし、会社を休みにして医者行こうかと思ったら
そこらの耳鼻咽喉科は全て木曜休みだった。
すでに会社休むって連絡しちゃったんだが。
とりあえずマツキヨにでも行って喉の薬を買ってくるか。
くあぁ、煙草を吸うと喉に染みる。
煙草と龍角散のど飴を交互に。なにやってんだ。

関係ないが以前修理に出した腕時計の件でさくらやから
連絡があり、どうも内部が随分さび付いているとのこと。
部品交換が必要で別途見積もりをするという。
これで31500円+α。もうあとには引けない。

April 25, 2005

FOCUSとか。

FOCUSを観た。

浅野忠信の盗聴マニア役が妙にハマっている。
この自然さは浅野のうまさゆえか。
カメラ視点で進行し、ドキュメント番組てのはこういう風に
作られるのか、と思いながら観ていたら、突如急展開。
こういうのも面白い。
TVなんざ主導権にぎったが勝ち。

昨日PCで録画したPRIDEを会社の後輩に渡すために
DVDを作成中。かなり面倒くさい。
MPEGがDVDプレイヤーで即見れれば楽なのに
MPEGからDVDビデオ形式へのオーサリングてのがなぁ。
誰か簡単な方法あれば教えてください。

PRIDEは全体的に膠着多め。
マッチメーク的にはかなり期待できるカードばかりだった
だけに残念。ルールをもっとスピーディなものに変えたほう
がいいのではと思う。ガチとはいえプロなのだから。

週末だけで文庫を9冊ぐらい買った。
本屋に行くととにかく買う癖がついてしまったようだ。

ひさしぶりにトップ画像変えてみた。

大学ダブってある意味ニートな頃。
ヒゲも髪も伸び放題。
ツイストパーマモサモサでどうにもならんくて束ねている。
やってみたら汚くて気に入っていた。

こんなんでもバイトさせてくれてた某ジュース屋に感謝。
サボりすぎてクビになったんだがな。

April 20, 2005

青い春

今日は早く帰ってこれたので溜め込んでたDVDの中から
青い春をいまさらながらに観た。

松田龍平が出ている映画つうのは初めてみたのだが
やはりどことなく顔立ちが優作に似ている。
眼が鋭くて、ゆらゆらした佇まいが良し。

学校には様々な人間がいて、それぞれの思いがあり
それぞれが考え、悩み、そしてどうにかこうにか生きていく。
先の事なんか解らないのは当たり前。
無我夢中で今を生きる。
どうにも自分の学生時代を投影してみたりしてしまう。

こういう映画にはミッシェルガンはガッチリハマる。

久々に観て良かった映画。

岡本敏子さんが今日亡くなったらしい。
敏子さんは岡本太郎記念館の館長。
岡本太郎の秘書でのちに養女になったひと。
ついこの間、岡本太郎記念館に行ったときにも
講演会を開いていた。
観客が多すぎて全く見ることが出来無かったのだが
まさか亡くなるとは思ってなかったので
まぁいいやぐらいにしか考えてなかった。

全く持って人間の生き死になんてわからない。

メキシコで発見された巨大壁画「明日の神話」
を日本に持って帰れなかったのは、とても残念に思う。

いつかやってくる日が来る事を願うばかり。

April 18, 2005

オールドボーイ

やっとDVD化したので借りてきて見ました。

原作のほうは、ボーダーにもこんな話あったよな?
というようないかにも狩撫な切ない結末だったんですが
どうも映画はラストが違うという事で、原作見てても
関係なく見れて良いなと期待したのですが。

ハッキリ言って「どつまらん」

なんかわかりづれぇ。
とにかく韓国が舞台つうのが、実写版「漂流教室」
でなぜかアメリカンスクールが舞台だったという事よりも
違和感があった。ラストもハァって感じ。
まぁオレ的主観ですけどね。

あとグロい描写とか要らない。
一般的にそうでもなくてもマジで気持ち悪くなるから。

と、これはオレだけですか。

March 31, 2005

実録・暴走族シリーズ

http://www.gp-museum.com/cgi/search/search.cgi?pflg=4&media=1&data1=1&data2=2&data3=59

BLACK EMPERORとSPECTERを一気に見てみた。

期待外れました。
当時映像ほぼ無しでなんかしょぼいドラマでした。
実話を起こしたドラマというか。
なぜかテーマソングがジョニー大倉で。
そしてマスター役で腕にタトゥーの見える田代まさしが。

当時の細かい状況を知りたい、とか懐かしい、
とか言う人以外にはまるで面白くない感じがいかにもVシネ。

やたらジョニーと馴れ合うスタッフを交えたオマケ映像のみ良し。
SPECTERの主演、三田のドラ息子。
どっかで見たことあると思った。。

これなら

ゴッド・スピード・ユー!
http://store.nttx.co.jp/_II_D111209446

のほうがドキュメンタリな分勝ちだな。残念だ。

November 30, 2004

観たい映画(改訂版)

END OF THE CENTURY
http://www.miraclevoice.co.jp/ramones/
ラモーンズこそロッケンロール!
ワントゥースリッフォ!

オールドボーイ
http://www.oldboy-movie.jp/
狩撫麻礼原作っちうことはハードボイルド。
ラストは他言無用!

ザ・コケッツ
http://www.nowonmedia.com/THECOCKETTES/
サイケデリック劇団。妖しげ。

あゝ!一軒家プロレス
http://www.ahah.jp/
SODが5億円かけた馬鹿プロレス映画。
主演・橋本真也。

モーターサイクル・ダイアリーズ
http://www.herald.co.jp/official/m_cycle_diaries/
革命家チェ・ゲバラの青春の旅。
バイクはNorton。

明日は映画の日。
会社早め出れたらなんか見よう。

November 19, 2004

やっぱたけしのほうがおっかねえ。

PC復活。

てか昨日実は自作機が直ったんですが、日記書くの忘れまして。
そんでもって今日になったらまた壊れていて。
なんだこりゃってなもんで開けたり放置したりしたら
今さっき直りました。そして原因は不明。

さっきバトルロワイヤルⅡを見ました。
教師RIKI(竹内力)のキレっぷりに期待して。

ミナミの帝王とか見たことねえので
肉厚になって顔が曲がってからの動く竹内力を見た
のは初めてだったので、声がしゃがれてるのとか
かなり面白かったです。
それ以上にあの役柄が意味不明で良し!なぜラガー。

彼のオートバイ彼女の島、湘南爆走族とかの頃から
比べるとホント別人だわ。

とりあえず映画自体は前作と比べるとアホ映画すぎでした。

February 12, 2004

アイデンティティ。

なんとか大学に入学してなんとか大学を出てなんとか就職し、
なんとなく安定した収入を得ることが出来るようになった。

そうなった自分を否定しようとは思わないけど、
なんかうまくいかないとき、面白くないとき、思うようにいかないとき、
ふと、「ロックじゃねえなー」なんて思うことがある。
なにがロックでなにがロックじゃないのか。
そんなことを考えたりしてしまうこともある。

久しぶりに映画を見た。

シネセゾン渋谷「アイデン&ティティ」

ロックが大衆音楽になりさがったバンドブーム当時。
その中でなんとかロックを貫こうとする主人公・中島が
苦悩の末に答えを出し、最後に言った言葉。

「やらなきゃならないことをやるだけさ、だからうまくいくんだ。」

やらなきゃならないこと、やるべきこと。
やりたいと思うこと。
自分に素直に生きること。

それだけで世間を乗り切ることの難しさは計り知れない。
間違っていると解っていてもそれが当たり前なことは多い。
当たり前ってなんだ?常識ってなんだ?
ロックなんてただの理想なだけかもしれない。
ネガティブなことだらけでも、それでも捨てちゃったらおしまいだから、
それが現実かもしれないけど、ロックは正しいはずだから。

徹底度のないオレは社会に順応しようと愛想笑いをしたり、
思っていることを言えなかったりすることも多いけど、でもその気持ち
を全て捨てないよう、できるだけ、自分が思うように、
やりたいように、やることが出来たらなと思う。

とまぁ、自己解釈ばかりな気もしますが、そんな映画でした。

この記事を評価する

September 28, 2002

MADMAX!

久々に見ました、マッドマックス!
いやーイイ!グースのZ1000はもちろんのこと
MFPの革ジャン(ケンシロウ風)もグースメットも
トーカッター軍団のきったねえ単車たちも最高!

みんなで整列してブォンブォンブォーーン!
かっこいいーー、アウトローー!
もう暴走族つうより山賊ってかアタマ悪すぎ。

結局すべてが悲惨な方向に向かうストーリーもイイ。
なんつうかええと、オレンジメットの人は死んだですかね。
あー俺もカウルつけたくなったなぁ。

September 20, 2001

テルミン。

テルミンって知ってますでしょうか。

不思議な形で不思議な音を出す楽器。
コーネリアスがライブなんかで使ってたので
知ってる方も多いかと思いますが、
こんなやつです。
んで、これの映画を見にいってきました。(これ

まぁ映画自体はドキュメンタリーなわけで
可もなく不可もなくだったわけですが
あのアンテナに手を近づけるだけで
フォウェィィィン、ウォゥゥンって鳴る音。
とにかくテルミンを使ってみたくなりましたよ。

というわけで購入。
といきたいところですがいかんせん金が無い。
いつか買うまでの間はバーチャルテルミン
我慢ですかね。超つまんないすけども。

June 21, 2001

アンチェイン・マイハート。

「花道からリングに上がる瞬間がアンチェインなんや。」

6敗1分。1度も勝てなかったボクサー、アンチェイン梶の言葉。


たまたまガルーダ・テツというキックボクサーの引退試合を見た。
ガルーダは小野瀬を追いかけ、4度闘い、1度も勝てなかった。

「努力すれば夢はかなうということをみなさんに
見せてあげたかったけどできなくてすみませんでした。」

引退のマイクで言っていた。
さっぱりした表情でカッコ良かった。

その後、ガルーダが出ている映画があることを知った。

その映画こそ「アンチェイン」だった。


アンチェイン」はアンチェイン梶と梶を取り巻く
ガルーダ・テツ他2人の4人のボクサーの5年ほどを追った
青春ドキュメンタリー。

とにかく「アンチェイン」という言葉の響き。
それこそがロクに映画を見ないオレを初めて
一人でレイトショーに向かわせる衝動となった。

アンチェイン・マイハート。

心の鎖を解き放て!

リング上にてボクサーの魂は解き放たれる。
じゃあオレにはいつどこでそんな瞬間が来るのか。


1度でいいから、そんな瞬間を感じてみたい。

なんとなく思った。

April 12, 2001

バーストシティ。


爆裂都市やっと見ました。

あー!あー!しか言わない町蔵(かなり若い)
もキチガイで良かったですが、ヘンなアタマの泉谷とか
豚の頭とか臓物を投げまくるミチロウとか
みんな強烈なキャラばっか。

しかし最後の陣内のコブシを突き上げながらの
「なめんじゃねぇ~」(ちょっとスローで2回)
がムショウにカッコ悪かったのがイタかったです。
しかもそれで終わりだし。

でもまぁ狂った映画で面白かったです。
ルースターズの大江シブイし。

April 5, 2001

まさかレンタルにあるとは。


「狂い咲きサンダーロード」を観た。
暴走族、右翼、ホモ、やたら飛び出す放禁用語など。
いろんな意味でスゴかった。。

ジンはムチャクチャで破天荒でまさに
「キチガイ」
だけどかたくななまでに突っ張り通し
自由に振る舞う様は刹那的でカッコ良かった。

まぁぜってぇマネしたくないけどさ。

   .